忍者ブログ

キャプテンヴェノネイジィ

翻訳アメコミ(主にマーベル)のレビュー・感想を置くところ。オタクが奇妙なテンションで推しを語ったりするよ! ていうかそれしかしてない! 絶版モノも扱ってます。ネタバレがめっちゃあるのでお気をつけください。

Xーmen 7、8、9(マーブルスーパーコミックス)

Xーmen 7



概要とあらすじ




小学館プロダクションから刊行されたマーブルスーパーコミックスシリーズのXメンです。全17巻。
Xメン#1から収録されているものの、91年版の新しいほうのXメンなので、作中時系列的にはX-MEN:アンキャニィ・ジェネシスX-MEN:デイズ・オブ・フューチャーパストのほうが古いです。

収録順がめちゃくちゃややこしくて、時系列順に読むなら
4巻後半~5~10→1~3→4巻前半→11~17の順番で読むのが良いのですが、じゃっかん収録に抜けがあったりして……ややこしい。





***

■感想
エクスティンクションアジェンダ終章。

とにかくケーブルがかっこいいんだ見てくれ!

自分が教官をつとめていたニューミュータンツのメンバーがホッジに捕まってしまい、必死に助けようとするケーブルがとにかく男前。
ケーブル自身、普段、ミュータントとしての能力はテクノウィルスの制御に使用しており、戦闘は訓練によって得た技術でこなすことが多いです。
ゆえに、その技術を教えたメンバーが捕まってしまったのを見て悔しい気持ちがすごいわかる……。
捕まったメンバーと逃げ出したメンバー。彼らに「俺がついていながらこんなことになるなんて」という後悔を持つ一方で「教えた技術のおかげで逃げ出せたヤツもいる」という信頼も持っていて、全員のことを大事に思ってるんだなあって……。良い上司だよ……。

ゴキブリなみにしぶといホッジと延々戦闘をする巻。
最初はミュータント能力を奪われていたため不利でしたが、ジェノーシャ側の仲間割れにより徐々に形勢が逆転し、最後はXチームの勝利でおしまい。
(この後のジェノーシャの様子は1巻(Xーmen 1、2、3(マーブルスーパーコミックス))にて少し垣間見ることができます)

洗脳がとけて自分を取り戻したハボック&サイクの兄弟チームワークとかかっこよかったです。
あと子どもになってたストームが元に戻りました。





Xーmen 8




***

■感想

サイクがすでに過激派になりはじめてるのでは……(震え)

冒頭で、ジェノーシャの件で今後どうするべきか、ケーブル、ストーム、サイクとそれぞれ意見が異なっているのですが、サイクが「本拠地を船にしよう。ミュータントしか入れないバリアが張ってある」と主張するサイクに対し、「それだと人々と共存するという夢がはたせない。それこそマグニートーと同じだ」と反論するストーム。
それな……船どころか独立国家作っちゃうからな……。(関連:X-MEN:ユートピア

アークエンジェルとキャノンボールがデンジャールームで訓練中に「デンジャールームの良いところはどんなに荒っぽい手を使っても誰も怪我しないようにしてくれるところだ!」みたいなことを言ってるんですけど……X-MEN:デイズ・オブ・フューチャーパストとかの頃って普通に訓練で大怪我しかけたりしてたよなぁと思い出し……。
ヌルくなったもんだぜ……。
(なお、何度かの改造により、加えられたヌルさと本来の役目の矛盾を感じたデンジャーは自我を持ってXメンに襲いかかるようになる。(アストニッシングX‐MEN:デンジャラス))

さてこの8巻は、5巻(Xーmen 4,5,6(マーブルスーパーコミックス))にちょろっと登場したものの、ジェノーシャにあらわれなかったローグと、彼女と行動をともにするマグナスがメイン。(ケイザーもいるよ!)
ザラデインに襲われているサベッジランドのお話。
シージペリラスとの戦いで散ったメンバー、まだ全員揃ってないですからね!w

かつて自分がたわむれにつくってほっぽりだしたミューテイツに襲われているマグナスの独白が悲哀に満ちていて……。後悔しておるな。
彼が赤を着る理由がさりげなく語られてます。マグナス好きさんは必見。
あとふんどし姿も見れますよ。

なんか全体的にマグナスがしんどい。
独白はずっと過去にとらわれているし、ローグに「今度くらいは誰かの世話になったらどう?」と言われて「そうしたい。だが、自分以外の何者にも頼ってはならないことを私はこれまでの人生から学んだ」って考えちゃうところとか。

そしてここまでローグとうまく共闘してきて(なんならちょっとロマンスまである)のに、最後には「私はエグゼビアではない。私に彼の夢が実現できると信じるとは…」と結局決別をえらぶところがしんどいですね。一度はXメンを率いるまでしたのに……。

他のXメンバーはライラのテレポートでシャイアに居ます。
また何かシャイアの人たちの争いにまきこまれている模様。
リランドラとイチャラブしながら自分で歩ける貴重なチャールズが見れる!


■個人的見どころ

ふんどし



か~ら~の



いつもの か~ら~の~



能力で作り出したはずの服がなぜかいつも破れるのパターン。




Xーmen 9




***

■感想

前半はシャイア編。
スクラルが変身してチャールズやXメンメンバーに化け、リランドラをもうまくつかい、シャイア帝国を乗っ取ろうとしていた話。

スクラルを倒したあと、シャドウキングの影を感じ取った教授は地球へ戻ることを決意。
というわけで後半はシャドウキングと決着をつけるミューアアイランドサーガ編です。

5巻以降、ちょろちょろとその片鱗をみせていたシャドウキングとついに対決がはじまります。舞台はミューア島。
すでに何名かは洗脳されていて、そのなかには教授の息子のリージョンや、サベッジランドから戻っていたローグの姿も。


漫画・コミックランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
コタロウ
性別:
非公開
自己紹介:
目次ページのみコメントできます。その他用件、お急ぎの場合はツイッターへどうぞ。

Dr・ドゥーム、シンビオート、ケーブル、キャップ、ロケット、デップー、スパイディあたりが特に推しです。アイアンマン、タスクマスター、マグニートー、ナイトクローラーもちょろちょろと追いかけてます。ファントメックスももっと見たい……!

普段は趣味でオリジナルのweb小説と漫画、イラストをかいています。
当ブログはリンクフリーです。

フリーエリア