忍者ブログ

キャプテンヴェノネイジィ

翻訳アメコミ(主にマーベル)のレビュー・感想を置くところ。オタクが奇妙なテンションで推しを語ったりするよ! ていうかそれしかしてない! 絶版モノも扱ってます。ネタバレがめっちゃあるのでお気をつけください。

Xーmen 10,11、12(マーブルスーパーコミックス)

Xーmen 10



概要とあらすじ




小学館プロダクションから刊行されたマーブルスーパーコミックスシリーズのXメンです。全17巻。
Xメン#1から収録されているものの、91年版の新しいほうのXメンなので、作中時系列的にはX-MEN:アンキャニィ・ジェネシスX-MEN:デイズ・オブ・フューチャーパストのほうが古いです。

収録順がめちゃくちゃややこしくて、時系列順に読むなら
4巻後半~5~10→1~3→4巻前半→11~17の順番で読むのが良いのですが、じゃっかん収録に抜けがあったりして……ややこしい。





***

■感想

ミューアアイランドサーガ編終了。

せっかく歩けるようになってた教授がまた車椅子生活に戻ったり、リージョンが精神崩壊おこしたり。
戦闘部分よりもエピローグ部分がじんわりとして良い感じでした。
ローグとミスティークのわだかまりが少し溶けたところとか、ちょっと感動的です。

教授を除くと、個人的にはフォージが一番活躍してたんじゃないかなぁ。

この騒動で、散り散りになっていたメンバーや別チームとして活動していたメンバーなどが一堂に会し、「さすがに人数多いな」ってなったのか、ブルーチームとゴールドチームに編成が分けられて、時系列は1巻に戻り、2,3、4の前半を経て次の11巻へ。
つまり1巻は、こうして編成が分けられて掲載誌も新しくなったXメンの#1が刊行されたという感じ。もう片方のチームは変わらずアンキャニィXメン誌の刊行が続いていました。

巻末にはクラシックのXメン第一号が特別収録。
昔の作品は何を読んでもテンポが良いです。Xメンも例に漏れず。一話のなかでそれぞれの能力が訓練の様子、ジーンがメンバーに加わるところと、さらにマグニートーとの対決までやっちゃう密度よ。




Xーmen 11



***

■感想

エクシキューショナーズソング編導入。
これまたややこしい話です。

休日を謳歌していたはずのXメン。フェスティバルで平等を訴える演説をしていたチャールズが、なんとケーブルに撃たれ昏睡状態に。銃弾にはテクノオーガニックウィルスが仕込まれていて、チャールズの身体を蝕みます。
ケーブルを追いたいXメン&Xファクターと、ケーブルを信じたいXフォースが対立することになります。
そんな騒動のなか、デートを楽しんでいたジーン&スコットがシニスターに拉致される。
せっかく集合したミュータント達、今度はココロがバラバラになってしまってさてどうなるやら。ケーブルの真意は……? というところで次巻へ続く。

この話の少し前に、ウルヴィはウルヴァリンで愛を確かめあったマリコを亡くしている模様。ウルヴィを気遣うサイクの姿が見られます。




Xーmen 12




***

■感想

この人達は話し合うということを覚えたほうが良い。(確信)

Xメン&Xファクターに追いつかれたXフォース、彼らの戦いのシーンで書かれているキャプションに「それは感情に任せた無秩序な戦いだった。彼らはみな人間とミュータントの平和共存という…同じゴールをめざしているにもかかわらず…互いの手段がことなるというだけでいがみ合った」ってあるんですけど……

きみたちそれ、いつもじゃん!!!

Xメンの人たち(と、アヴェンジャーズ)、いつも誤解で仲間同士殴り合ってない!?
もっと話し合いで解決できることあるんじゃない!?
まぁでもヒーローは人の話を聞かないものだから、仕方ないのかな……(スパイダーマン4(光文社)の頃からそうだったね……)

Xフォースは全員捕まってしまい、デンジャールームに収容。
その後、ストライフやアポカリプスも出張ってきたのでXメンチームはそれぞれ分かれて行動。ストライフの情報を追っていたウルヴィ&ビショップが、ケーブル(本物)と遭遇。誤解が解ける。

というところで次巻へ。

この時点ではストライフの素性もケーブルの素性もまだ分からず、ケーブルとストライフは一度戦ったことがあり、同じ顔をしているというのはケーブル本人は知っている(ただし関係はケーブルにもよく分からない)。
シールドは「ケーブルとストライフは同一人物だ」という情報を持っていて、あとは、アポカリプスが絡んでいる。

↑という情報が、巻末にサクっと書いてあります。

漫画・コミックランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
コタロウ
性別:
非公開
自己紹介:
目次ページのみコメントできます。その他用件、お急ぎの場合はツイッターへどうぞ。

Dr・ドゥーム、シンビオート、ケーブル、キャップ、ロケット、デップー、スパイディあたりが特に推しです。アイアンマン、タスクマスター、マグニートー、ナイトクローラーもちょろちょろと追いかけてます。ファントメックスももっと見たい……!

普段は趣味でオリジナルのweb小説と漫画、イラストをかいています。
当ブログはリンクフリーです。

フリーエリア