忍者ブログ

キャプテンヴェノネイジィ

翻訳アメコミ(主にマーベル)のレビュー・感想を置くところ。オタクが奇妙なテンションで推しを語ったりするよ! ていうかそれしかしてない! 絶版モノも扱ってます。ネタバレがめっちゃあるのでお気をつけください。

ウルヴァリン:シーズンワン

ベン・アッカー&ベン・ブラッカー (著), サルバ・エスピン (イラスト)
ウルヴァリン:シーズンワン



あらすじ引用




野獣のように荒野をさまよっていた男は、カナダ政府の特殊機関に保護され、戦士としての訓練を受けておなじみのコスチュームをまとった“ウルヴァリン"となる。
ハルクとの初対決や、因縁の敵セイバートゥースとの再会で血塗れの戦いが続くなか、ウルヴァリンは未来へと――そして、X-MENへと続く自分の道をどう見つけ出していくのか?




***

■感想

X-MEN ウルヴァリン:オリジンウエポンXに続くウルヴィの過去エピソード。
本来のエピソードを、詳しいことを知らなくても読めるように現代風にアレンジしてあるのがこのシーズン・ワンシリーズ(関連:X-MEN:シーズンワン)なので、元の設定とは違うところも多々見受けられます。完全なるオリジンではないということに注意したほうが良いかもしれません。
元のエピソードについては、非常にあっさりとですが、一応解説書に記されています。

にしても、これだけ何冊もかけて詳細にオリジンが語られているっていうのがウルヴィの人気の凄さを実感させられる。愛されてるなあウルヴィ……。

大きな物語の流れとしてはハドソン夫妻に拾われてから、VSハルク、ウェンディゴ、セイバートゥース、といろんな勢力入り乱れてワチャワチャとバトル展開です。
ウルヴィってば、元は人間だったけど不幸な事情により自我を失い人を襲うウェンディゴに同情し、「こいつは大丈夫だ。俺が保証する」って言って逃してますけど、出鱈目言い過ぎじゃね?笑
X-MEN:デイズ・オブ・フューチャーパストでウェンディゴ相変わらず人を襲ってるよ!笑
(なお、本来はジェームズハドソン氏はウェンディゴとは、このときに初対面)

巻末にはウルヴァリン&Xメンの1話が収録。
時系列としてはAVXのすぐ後の話となっています。

■個人的見どころ

「野獣はコントロールできねえ」(全裸で)



もちろんアダルトな意味ではなく誤解なのですが、これは誤解されても仕方ない。

漫画・コミックランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
コタロウ
性別:
非公開
自己紹介:
目次ページのみコメントできます。その他用件、お急ぎの場合はツイッターへどうぞ。

Dr・ドゥーム、シンビオート、ケーブル、キャップ、ロケット、デップー、スパイディあたりが特に推しです。アイアンマン、タスクマスター、マグニートー、ナイトクローラーもちょろちょろと追いかけてます。ファントメックスももっと見たい……!

普段は趣味でオリジナルのweb小説と漫画、イラストをかいています。
当ブログはリンクフリーです。

フリーエリア