忍者ブログ

キャプテンヴェノネイジィ

翻訳アメコミ(主にマーベル)のレビュー・感想を置くところ。オタクが奇妙なテンションで推しを語ったりするよ! ていうかそれしかしてない! 絶版モノも扱ってます。ネタバレがめっちゃあるのでお気をつけください。

X-MEN:シーズンワン

デニス・ホープレス (著), ジェイミー・マカルビー (イラスト)
X-MEN:シーズンワン




あらすじ引用




プロフェッサー・チャールズ・エグゼビアは世界を守り、ミュータントへの偏見を解くために、パワフルなミュータントの若者たちをスカウトしてスーパーヒーロー・チーム「X-MEN」を結成した。だが10代の彼らは、思春期特有の混乱や制御しにくい自分自身のパワーに振り回され、敵に立ち向かうのも難しい状態だ……。その弱みをついて、マグニートーがブラザーフッド・オブ・イビル・ミュータンツを率いて襲いかかる! 果たして、次々と押し寄せる試練を若き「X-MEN」は切り抜けられるのか!?





***

■感想

ウルヴァリン:シーズンワンと同じく、クラシックのエピソードを、詳しいことを知らなくても読めるように現代風にアレンジしてあるシリーズ。元の設定とは違うところも多々見受けられます。完全なるオリジンではないということに注意したほうが良いかもしれません。
元のエピソードについては、非常にあっさりとですが、一応解説書に記されています。

一番大きな設定変更は、ジーンの性格でしょうか。めっちゃ現代っ子なティーンになっている!!
ティーンなジーンの目から見た他メンバーは、全員同年代の男の子達だけれどそれぞれに個性があって、能力だけじゃなく性格もさまざまで、なんだか可愛らしいです。
さらっとみんなが団結するまでを流して、「これからチームとしてやっていくぜ!」的なストーリーで、物語の内容もティーン向けっぽい印象でした。

巻末にはリランチされたアンキャニィXメンの#1が収録。
解説によると、X-MEN:セカンド・カミングAVXの間の物語。おそらくX-MEN:スキズム直後なので、そのあたりの補完をしたい人には良いかも。(解説が書かれたときにはまだスキズムは未翻訳だった模様)
ただし1話だけしか無く、続きの翻訳も無いので、雰囲気で……w



漫画・コミックランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
コタロウ
性別:
非公開
自己紹介:
目次ページのみコメントできます。その他用件、お急ぎの場合はツイッターへどうぞ。

Dr・ドゥーム、シンビオート、ケーブル、キャップ、ロケット、デップー、スパイディあたりが特に推しです。アイアンマン、タスクマスター、マグニートー、ナイトクローラーもちょろちょろと追いかけてます。ファントメックスももっと見たい……!

普段は趣味でオリジナルのweb小説と漫画、イラストをかいています。
当ブログはリンクフリーです。

フリーエリア