忍者ブログ

キャプテンヴェノネイジィ

翻訳アメコミ(主にマーベル)のレビュー・感想を置くところ。オタクが奇妙なテンションで推しを語ったりするよ! ていうかそれしかしてない! 絶版モノも扱ってます。ネタバレがめっちゃあるのでお気をつけください。

ウルヴァリン

クリス・クレアモント (著), フランク・ミラー (イラスト)
ウルヴァリン




あらすじ引用




原作クリス・クレアモント、作画フランク・ミラー 日本を舞台にウルヴァリンの愛と怒りが炸裂する不朽の名作、ついに日本上陸!

愛する人、矢志田真理子からの連絡が途絶えた。 不安に駆られたウルヴァリンは、居てもたまらず日本を目指す。 そこで彼を待っていたのは、伝統と因習に囚われた摩訶不思議な東洋の神秘だった。
敵地で孤軍奮闘する彼を待つ新たな出会い。 幾多の困難を乗り越えて、彼は真理子との恋を成就できるのか。

1982年に発売されたウルヴァリンの記念すべき独立誌第1弾。 原作は、X-MENの代名詞的存在であるクリス・クレアモント。 作画は、当時、『デアデビル』で脚光を浴びていたフランク・ミラー。 アメリカンコミックスの長い歴史で初めて、現代日本の姿を綿密に描いた話題作、ついに邦訳。
加えて、その後日談となる『アンキャニィX-MEN』#172,#173も収録。
ウルヴァリン伝説の起源を目撃せよ!





***

■感想
SAMURAI! KATANA! SUMO! YAKUZA! COOLJAPAAAAAAN!

Xメンに加入してから、日本人女性と恋に落ちたウルヴァリン。アメリカの領事館に滞在していたはずのその女性・真理子と突然連絡が取れなくなる。なんと彼女は政略結婚のために日本に帰国していたらしい。自分と愛し合っているのに望まない結婚を強いられている真理子に会うため、単身日本にやってきたウルヴァリンの話。(解説によれば、時系列はアンキャニィXメン#168から#172の間だそう)

かなりハードボイルドなシリアスな話なのですが、舞台が日本、かつ、間違った日本像なので笑ってしまいますw
ヤクザの頭領はお城に住んでるし、そのボディガードは相撲取りだし、忍者もいっぱい出る!(忍者の組織ザ・ハンドもあるし、デッドプール:デッド・ヘッド・リデンプションではデップーも相撲部屋に入門していたし、などなどマーベル世界では当たり前の日本像ですが)

かと思えば、歌舞伎で忠臣蔵を上演しているシーンがあったりと、日本人よりも日本を深く知っていそうな描写もある。
うーん、このチクハグ具合がクセになる……。

ウルヴィはずっと自分の中の獣と理性の間でゆれうごき、人間であろうとしていました。
今回もまた、「結果自体じゃなく、よりよい結果を求めて動くことが大事なんだ。俺は決して理想の姿にはなれないだろう。だが努力を続けることはできる。(中略)俺は人間だからだ、信玄! 獣じゃない…人間なんだ!」と決意を固めるシーンは印象に残ります。

ウルヴィのミニシリーズのあと、ふたりの結婚式にXメンが出席する後日譚が収録されています。
しかし、マスターマインドの洗脳によって結婚式が途中で中止されて涙を流すウルヴィのシーンで終わりって……切ない笑
いっそこの後日譚は収録しないほうが幸せだったのに!w


■個人的見どころ

ユキオの口癖「やったね!」がなんかすごく可愛かった。結構イカツイ顔してるのに可愛い……w




漫画・コミックランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
コタロウ
性別:
非公開
自己紹介:
目次ページのみコメントできます。その他用件、お急ぎの場合はツイッターへどうぞ。

Dr・ドゥーム、シンビオート、ケーブル、キャップ、ロケット、デップー、スパイディあたりが特に推しです。アイアンマン、タスクマスター、マグニートー、ナイトクローラーもちょろちょろと追いかけてます。ファントメックスももっと見たい……!

普段は趣味でオリジナルのweb小説と漫画、イラストをかいています。
当ブログはリンクフリーです。

フリーエリア