忍者ブログ

キャプテンヴェノネイジィ

翻訳アメコミ(主にマーベル)のレビュー・感想を置くところ。オタクが奇妙なテンションで推しを語ったりするよ! ていうかそれしかしてない! 絶版モノも扱ってます。ネタバレがめっちゃあるのでお気をつけください。

ウエポンX

バリー・ウィンザー=スミス
ウエポンX



あらすじ引用




ローガン にアダマンチウムが移植されてウルヴァリンが誕生する話。



***

■感想
性癖にささった……(-人-)

これは良い作品……。物語としては、X-MEN ウルヴァリン:オリジンの後、ひとり放浪していたローガンはいかにしてウルヴァリンになったか、という話です。ウェポンX計画がどのようなものであったか、というのが詳細に語られています。
その描写がですね……めっちゃ、好きな感じだった……。
実験の様子がいちいちリアリティあって細かい! しかも研究員は皆、ローガンを人として見てない。物のように扱っている。
意識を残したまま身体をひらいたり、精神干渉でラジコンのように意のままにあやつったり、どのくらい再生するのか見るためにマイナス15度の雪山に全裸で一晩放置したりとやりたい放題。研究者はそうでなくっちゃぁ!
ウルヴィを操ってクマと戦わせたりは平気でするのですが「じゃあ人間とも戦わせてみよう」となったら急に「実験用の人間なんて……」と怖気づく……。じゃあ君たちが今おもちゃにしているそれは何なんだよ……。ウルヴィを人間として見てない、というのが非常によくあらわされているセリフに心震える……。
あと、ウルヴィが暴走したときに実験の首謀者の教授が「ウエポンXを殺せ!」とか「殺害しろ!」ではなく、「ウエポンXを破壊しろ!」とナチュラルに言ってたのも物あつかい……。

それと、ラリー・ハマによるあとがきの解説が興味深かった。
このウェポンXという作品はシナリオ、描き文字、絵、カラーの全てがバリー・ウィンザー=スミスひとりの手によって描かれたものであり、本来ならアメコミはそのあたりは分業することが多いです。

ラリー・ハマーはこの部分について、「このウェポンXという作品は、ひとりで描かれたからこそ、ふきだしの位置やカラーなども表現のひとつとして効果的になってる!」と解説しています。僕も趣味で漫画を描いていますが、やっぱりあらかじめふきだしをいれる位置も考慮してコマわりや構図を取るんですよね。
分業だとそれができない(やらなくて良い)のか~と、”一人で漫画を描く”(背景などはアシスタントさんを雇うこともありますが)ということを当たり前に見てきた僕たち日本人との文化の違いを感じました。

また、「このコミックはセリフが短くまとまっていて、キャプションで長たらしく説明をしていない」とも言っていて、そのあたりも、日本の漫画はそれが普通(たまにめちゃくちゃセリフ多いのあるけど)に比べて、昔のアメコミは「小説かよ笑」くらいキャプション多いな~と、そのあたりの文化も面白いなぁと思ったり。

ウルヴィファンにオススメ……と言いたいところですが、実験の様子でとにかくウルヴィがかわいそうなので、耐えられる方に読んでほしいです。


漫画・コミックランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
コタロウ
性別:
非公開
自己紹介:
目次ページのみコメントできます。その他用件、お急ぎの場合はツイッターへどうぞ。

Dr・ドゥーム、シンビオート、ケーブル、キャップ、ロケット、デップー、スパイディあたりが特に推しです。アイアンマン、タスクマスター、マグニートー、ナイトクローラーもちょろちょろと追いかけてます。ファントメックスももっと見たい……!

普段は趣味でオリジナルのweb小説と漫画、イラストをかいています。
当ブログはリンクフリーです。

フリーエリア