忍者ブログ

キャプテンヴェノネイジィ

翻訳アメコミ(主にマーベル)のレビュー・感想を置くところ。オタクが奇妙なテンションで推しを語ったりするよ! ていうかそれしかしてない! 絶版モノも扱ってます。ネタバレがめっちゃあるのでお気をつけください。

Ms.マーベル:シビル・ウォー

ブライアン・リード ロベルト・デ・ラ・トーレ マイク・ウィーリンゴ ジュゼッペ・カムンコリ
Ms.マーベル:シビル・ウォー

あらすじ引用




登録法賛成派として戦う彼女が信じるものとは?
超人登録法の有用性を信じ、賛成派に与したMs.マーベル。

反対派に走った同僚や、因縁の相手であるローグ、そして平行世界の自分との戦いを経て、彼女の胸に去来する思いとは。

そしてバイナリー時代の戦いが、不可思議な能力を持つ少年との出会いによって蘇る「スペシャル」も同時収録。

Ms.マーベルをもっと知る絶好の一冊!





***

■感想

キャロルの本質はやっぱり軍人なのかな~。

前半は、「法は正しいはず」という考えで、登録法賛成派に与するキャロルのエピソード。
眼の前で一組の母と娘が引き裂かれ、本当に正しいのか? と疑いを持つこともあれど、最終的にはその考えを乗り越えて従う、という姿勢を見せる。
ここに、キャロルの軍人らしさを見た気がします。
戦争だって、正しいかどうかわかんなくても、上官や国の命令に従うことこそが正義だもんな。

後半は別次元からやってきたキャロルVSキャロル。
これはもう全然シビル・ウォー関係ないw
ローグを恨み続けている別次元の自分と戦いながら、過去に因縁があったローグを心の底から許しているのかどうか、自分に問う。
(ローグとの因縁については:アベンジャーズ:ハルク・ウェーブ! 
この迷いもふっきって、キャロルはまた前に進む。

前半、後半どちらもキャロルが迷いを乗り越える話。
キャロルは、よく迷いにぶちあたるけれど、毎回自分で乗り越えることができる心の強さが魅力のひとつだな~と思いました。

巻末にはストーリーテラーとの初遭遇のワンショットが収録されています。


漫画・コミックランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
コタロウ
性別:
非公開
自己紹介:
目次ページのみコメントできます。その他用件、お急ぎの場合はツイッターへどうぞ。

Dr・ドゥーム、シンビオート、ケーブル、キャップ、ロケット、デップー、スパイディあたりが特に推しです。アイアンマン、タスクマスター、マグニートー、ナイトクローラーもちょろちょろと追いかけてます。ファントメックスももっと見たい……!

普段は趣味でオリジナルのweb小説と漫画、イラストをかいています。
当ブログはリンクフリーです。

フリーエリア