忍者ブログ

キャプテンヴェノネイジィ

翻訳アメコミ(主にマーベル)のレビュー・感想を置くところ。オタクが奇妙なテンションで推しを語ったりするよ! ていうかそれしかしてない! 絶版モノも扱ってます。ネタバレがめっちゃあるのでお気をつけください。

アベンジャーズ:ハルク・ウェーブ!

カート・ビュシーク (著), スタン・リー (著), アラン・デイビス (イラスト), ジャック・カービー (イラスト)
アベンジャーズ:ハルク・ウェーブ!




あらすじ引用




アベンジャーズVSジャイアント・ハルク!
アベンジャーズ誕生秘話を含む、日本オリジナル編集のオムニバス登場!

町を呑み込む緑の波! そして、雲を割って振り下ろされた巨大な拳が大地をえぐる……! ハルクの津波を前に、アベンジャーズは如何に戦うのか!?

マーベルユニバースにその名も高き世界最強のスーパーヒーローチーム、アベンジャーズ!
その誕生から、キャプテン・アメリカの復活、ハルク軍団との戦いまで、歴史に残る戦いを選り抜いた日本オリジナル編集の傑作選、ここに登場!




***

■感想

お祭りだぁ!

収録されている話はおおきく分けて4つ。

ハルクが大量発生する話、アベンジャーズ結成の話、アベンジャーズにキャップが加わる話、ローグの初登場の話。

もともと、アベンジャーズの映画公開記念として出版されたもののようなのですが、収録されている内容的には「う……ん?」となる。

というのも、登場キャラが多すぎて(半分くらい映画シリーズ未登場キャラ)、これ、映画公開記念のアメコミ入門にするには少々厳しいのでは? という印象をうけたから。
一応解説やキャラ紹介はついてますが……。

ハルクが増殖する話はまぁお祭り感覚で楽しめるとして、最後のミズ・マーベル&ローグの話はここだけ載せられてもブツ切り感あるし、登場ヴィランやヒーローもビック3とワンダ、ヴィジョン、ホークアイ以外はアベンジャーズの映画出てねえじゃねーか笑

キャプテンマーベルの映画が来年公開されるのでそこまで見越した収録だったんだろうか……。
それにしては、キャロルが異次元の人に孕まされて、その相手が死んで、ひっそりと暮らしていたらローグに能力と記憶を奪われて、「それでも生きていくわ……」みたいなシリアスぶっちぎりの話のチョイスよ……w
もうちょっと明るいのでも良かったのでは……w

Ms.マーベル:シビル・ウォーXーmen 5(マーブルスーパーコミックス)など、ローグとミズ・マーベルの因縁については他の話にもちょいちょい出てくるし、ローグの飛行・怪力能力や、後にXメン加入する理由などを考えれば、かなり重要なエピソードではあるのですが、このお祭り感覚の本に収録しちゃうよりもっと違う本にまとめても良かった気がする。

アベンジャーズ結成のエピソードも重要エピソードなので、それならいっそハルク大量発生の話を抜いてほかの重要クラシックエピソードをいれるとか……。
収録作品になんかちょっとチグハグ感を覚える。

多分これは通向けなやつだと思うのですよね。
最近は翻訳でも、「それ一冊で話がまとまってる」みたいなのもたくさん出てきているので、入門なら他の本が良いと思います。

それはそれとして、ハルク大量発生→くっつけて巨大ハルク! のノリは楽しいし、アベンジャーズ結成&キャップが加わるクラシックもすごく味わい深いので、推しが多いなら楽しめる感じになってました。
推しが決まっている人は、推しメインのコミックから買ったほうが良き。とりあえずいろんなキャラを見てみたい、という人や、それなりに世界観を知っている人にはおすすめです。

個人的見どころ

クラシックのソーって顔と話し方がなんかジワジワくるわぁ……w
なんか……真顔な感じがw



なかなか破れない、脱げないことで有名なハルクのパンツが……!



氷漬けから復活してバッキーへの愛しさを爆発させたキャップ、精神病扱いをされる。
「ある意味では、バッキーはまだ生きてる」←どういう意味なのか全然わからねえ。



(バッキーはウィンター・ソルジャーまではずっと死んでた設定だったので)

漫画・コミックランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
コタロウ
性別:
非公開
自己紹介:
目次ページのみコメントできます。その他用件、お急ぎの場合はツイッターへどうぞ。

Dr・ドゥーム、シンビオート、ケーブル、キャップ、ロケット、デップー、スパイディあたりが特に推しです。アイアンマン、タスクマスター、マグニートー、ナイトクローラーもちょろちょろと追いかけてます。ファントメックスももっと見たい……!

普段は趣味でオリジナルのweb小説と漫画、イラストをかいています。
当ブログはリンクフリーです。

フリーエリア