忍者ブログ

キャプテンヴェノネイジィ

翻訳アメコミ(主にマーベル)のレビュー・感想を置くところ。オタクが奇妙なテンションで推しを語ったりするよ! ていうかそれしかしてない! 絶版モノも扱ってます。ネタバレがめっちゃあるのでお気をつけください。

スパイダーマン/デッドプール:イッツィ・ビッツィ

ジョー・ケリー (著), エド・マクギネス (イラスト)

スパイダーマン/デッドプール:イッツィ・ビッツィ



あらすじ引用




スパイダーマン&デッドプールにまた会える!
好評発売中の『スパイダーマン/デッドプール:サイドピース』に続いて、大人気シリーズの待望の第3弾が登場。スパイディとデップーの前に、彼らの「娘」を名乗る身の毛もよだつ敵が現れた! しかも彼女はとんでもなく強かった。二人は手を取り合ってこの強敵を倒すことができるのか?





***

■感想

こんなん男でも惚れるわ!

スパイディとデップーの遺伝子から作られた殺人蜘蛛女をとめようとするふたり。
その止める方法が、片や”殺す”、もう片方は”殺さずに止める方法を探す”と主張。
普段なら殺す主張がデップー、殺さないのがスパイディ……ですが、今回は逆。

ヒーローとしてのスパイディに憧れるデップーは無殺の主張を貫き、スパイダーマン/デッドプール:ブロマンスで一度死んだ(あと、甦った)ピーターは、メフィストの影響で闇落ち寸前。殺す主張で暴走する。

ピーターの暴走はどんどん悪化し、最後にはスーペリア・スパイダーマン:のような姿に。
ずっと「殺しちゃだめだ」と主張と説得を繰り返していたデップー、最後は強硬手段に出て、ピーターに殺させるくらいなら、と自分が手を汚す。

こんなんされたら……惚れてまうやろ!w

ニューアベンジャーズ:パワーロスでは、人を殺すくらいならチームを抜けるとまで言い張り、長年優しいヒーローをつらぬいてきたスパイディ。
ついに彼が一線を越えようとしていたところを救うのがまさかデッドプールだなんて!

おしゃべりふたりのチームアップで軽いノリで楽しめるかと思ったら、意外にもシリアス展開でしたが、面白かったです。

漫画・コミックランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
コタロウ
性別:
非公開
自己紹介:
目次ページのみコメントできます。その他用件、お急ぎの場合はツイッターへどうぞ。

Dr・ドゥーム、シンビオート、ケーブル、キャップ、ロケット、デップー、スパイディあたりが特に推しです。アイアンマン、タスクマスター、マグニートー、ナイトクローラーもちょろちょろと追いかけてます。ファントメックスももっと見たい……!

普段は趣味でオリジナルのweb小説と漫画、イラストをかいています。
当ブログはリンクフリーです。

フリーエリア