忍者ブログ

キャプテンヴェノネイジィ

翻訳アメコミ(主にマーベル)のレビュー・感想を置くところ。オタクが奇妙なテンションで推しを語ったりするよ! ていうかそれしかしてない! 絶版モノも扱ってます。ネタバレがめっちゃあるのでお気をつけください。

デッドプール:ミリオネア・ウィズ・ア・マウス

ジェリー・ダガン (著), マイク・ホーソーン他 (イラスト)

デッドプール:ミリオネア・ウィズ・ア・マウス



あらすじ引用




ムカつく男。危険な男。とても臭い男。それでも、世間は彼を愛している! 残念ながら、大いなる人気には、過大なる責任がともなう。そこで、ウェイド・ウィルソンは助けを借りることにした。その相手は誰か? きっと信じないだろうし、実際に見てもわからないかも(マーベルの公式ガイドブックを暗記しているなら別だけど)。しかし、ある偽者がウェイド・ウィルソンの破滅を企み、我らのヒーローは悪党をおびき出す完璧な囮を使うことにする。その囮とは、純真無垢な娘のエリー! 本書にはデッドプールが山ほど出てきます!





***

■感想

ストーリーのノリが暗いわけではなく、面白いんだけど、しんどい……。

善人になりたいデッドプールは傭兵集団をつくって人助けをしながら、アベンジャーズに資金提供をし、という生活を開始。

しかしデップーのふりをして悪事を働くやつが出現し、デップーのまわりの人に危害を加えはじめる。

昔は「呼んでもないのに勝手に混じってる!」て感じであまり相手にされない印象のキャラだったデップーが、キャップをはじめとするスーパーヒーローにまともに救援をしてもらっているところを見ていると、「本当にヒーローになっている!」としみじみ。

黒幕は「別人格のふきだし」だったあいつ。
彼がデップーの悪いところ全部持っていって分離してしまったから今のデップーが善にふれているのか??
ふたりでひとつだった頃とは性格がかなり変わっているので、そんなことを考えてしまう。

もうひとりの自分と言ってもいい相手に憎まれていることや、そんなもうひとりの自分が人々に危害を加えまくっているのは、今のデップーにとっては辛かろうな。

スピーディな展開でとても面白いけど、少しやるせない気持ちになる一冊でした。


漫画・コミックランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
コタロウ
性別:
非公開
自己紹介:
目次ページのみコメントできます。その他用件、お急ぎの場合はツイッターへどうぞ。

Dr・ドゥーム、シンビオート、ケーブル、キャップ、ロケット、デップー、スパイディあたりが特に推しです。アイアンマン、タスクマスター、マグニートー、ナイトクローラーもちょろちょろと追いかけてます。ファントメックスももっと見たい……!

普段は趣味でオリジナルのweb小説と漫画、イラストをかいています。
当ブログはリンクフリーです。

フリーエリア