忍者ブログ

キャプテンヴェノネイジィ

翻訳アメコミ(主にマーベル)のレビュー・感想を置くところ。オタクが奇妙なテンションで推しを語ったりするよ! ていうかそれしかしてない! 絶版モノも扱ってます。ネタバレがめっちゃあるのでお気をつけください。

スパイダーマン/デッドプール:ブロマンス

ジョー・ケリー (著), エド・マクギネス (イラスト),

スパイダーマン/デッドプール:ブロマンス



あらすじ引用




2016年にスタートしたスパイダーマンとデッドプールのブロマンス、第1巻がいよいよ発売。

スパイディは身近なところで友達を探しているわけではないのに、彼の友達になりたくて全力を尽くしてしまうデッドプール。果たして、これは相棒たちを描く本になるのだろうか? もう一人のスパイダーマン(マイルズ・モラレス)やデッドプールの妻シクラー、さらにソーも登場して、デッドプール&スパイディたちとダブルデートする!? よくしゃべる“親愛なる隣人"と“冗舌な傭兵"が窮地に陥ると、そこはやかましいお祭り騒ぎになる!





***

■感想

スパイディ&デップー、おしゃべり同士のチームアップ!

デップーといえばケーブルとのバディが思い浮かぶ方も多いかと思いますが(関連:ケーブル&デッドプール:シリーズ)、あの寡黙で渋い男とのコンビとはまた違う味の、おしゃべりコンビのワチャワチャが見れて楽しいです!

スパイダーマン/デッドプール:プロローグのような短編集ではなく、ガッツリと続きもののストーリーになっています。

デッドプール Vol.1:デッド・プレジデントからの個人誌の流れをうけて、ヒーローになるべくがんばるデッドプールと、それを信じ心を許しかけるスパイディ。
でもデッドプールはピーターを殺したがっていて……?(スパイディ=ピーターだと思っていない)

デップーなんか嫌いと言いつつ、だんだんほだされていくスパイディ。最終的には一緒に食事にまで出かけて、完全にフレンズ!!

デップーにピーター殺害を依頼した犯人の正体や、デッドプールの顔面がイケメンになった謎など、気になる伏線を残しつつ、スパイディ&デップーが徐々に親しくなっていく姿を堪能できる一巻でした。

■個人的見どころ

原書だとセリフが無いページに、翻訳だとめちゃくちゃセリフ追加されてるのなぜなんだろ??


漫画・コミックランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
コタロウ
性別:
非公開
自己紹介:
目次ページのみコメントできます。その他用件、お急ぎの場合はツイッターへどうぞ。

Dr・ドゥーム、シンビオート、ケーブル、キャップ、ロケット、デップー、スパイディあたりが特に推しです。アイアンマン、タスクマスター、マグニートー、ナイトクローラーもちょろちょろと追いかけてます。ファントメックスももっと見たい……!

普段は趣味でオリジナルのweb小説と漫画、イラストをかいています。
当ブログはリンクフリーです。

フリーエリア