忍者ブログ

キャプテンヴェノネイジィ

翻訳アメコミ(主にマーベル)のレビュー・感想を置くところ。オタクが奇妙なテンションで推しを語ったりするよ! ていうかそれしかしてない! 絶版モノも扱ってます。ネタバレがめっちゃあるのでお気をつけください。

デッドプール Vol.4:デッドプール VS. シールド

ジェリー・ダガン (著), ブライアン・ポゼーン (著), スコット・コブリッシュ他 (イラスト)

デッドプール Vol.4:デッドプール VS. シールド



あらすじ引用




デッドプールの脳内にプレストンが居候する原因になった男、SHIELD捜査官ゴーマン。この憎たらしい小悪党とデッドプールが、ついに直接対決! ゾンビ大統領を退治した時(詳しくは『デッドプール Vol.1:デッドプレジデント』を読んでね♪)のギャラを取り立てるため、デッドプールはエイリアンばりにゴーマンを追い詰める。
さらに、この件にドラマ『エージェント・オブ・シールド』でもおなじみの、あの男まで首を突っ込むもんだから事態はトンデモないことに……。





***

■感想

普通にええ話。

デッドプール Vol.1からの流れに一区切り。プレストンの精神が無事にデップーの脳から離れ、LMDへと移っていきました。

大統領殺しまくりギャグの導入からはじまり、デッドプールというキャラクターの核に迫るシリアスのあと、彼がかけがえのない友情を得て区切りになる。という流れは読んでいてすっごく面白かったし、物語は落ち着くところに落ち着いてスッキリするけど、ちょっと切ない読後感もあるというのが最高に良かった!
デッドプールの内面を出すことで人間らしさがすごく強調されてキャラクターへの愛着がすっごく深まる。

プレストンもすごく良い相棒!(むしろオカン)
こんなに親身にデッドプールを心配して、時に優しく時に厳しくしてくれる人、滅多にいない!
スパイディやケーブルもデップーのバディとして好きな関係性ですが、プレストンもとても好きになった!

次はナンバリングのついていないデッドプール:ドラキュラズ・ガントレットを挟んで、デッドプール Vol.5:ウェディング・オブ・デッドプールへ続く。

■個人的見どころ

基本は不介入、のはずのウォッチャーが、自分の家を破壊されて速攻で介入決めるシーンは笑うしかなかったwww

「いかん! 介入しよう!」



(不介入と言いつつ、ときどきは手を出すんですけど。 関連:デッドプール・キラストレイテッド/デッドプール・キルズ・デッドプール

■白ブリ

クロスボーンズは白ブリ。



(関連:白ブリ

漫画・コミックランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
コタロウ
性別:
非公開
自己紹介:
目次ページのみコメントできます。その他用件、お急ぎの場合はツイッターへどうぞ。

Dr・ドゥーム、シンビオート、ケーブル、キャップ、ロケット、デップー、スパイディあたりが特に推しです。アイアンマン、タスクマスター、マグニートー、ナイトクローラーもちょろちょろと追いかけてます。ファントメックスももっと見たい……!

普段は趣味でオリジナルのweb小説と漫画、イラストをかいています。
当ブログはリンクフリーです。

フリーエリア