忍者ブログ

キャプテンヴェノネイジィ

翻訳アメコミ(主にマーベル)のレビュー・感想を置くところ。オタクが奇妙なテンションで推しを語ったりするよ! ていうかそれしかしてない! 絶版モノも扱ってます。ネタバレがめっちゃあるのでお気をつけください。

スパイダーマン2(光文社)

光文社 マーベルコミックス
スパイダーマン

あらすじ(スパイダーマン1(光文社)より、巻末の解説より一部抜粋引用)




メガネをかけ、教科書をこわきにかかえたしょぼくれた高校生の少年が、1962年、アメリカのコミック・ブックのなかに、初めて姿を見せたとき(第1話「スパイダーマンの誕生」)彼が後に、最も人気のあるマンガの主人公になるとは、いったいだれが予想しただろうか。

彼は、それまでのヒーローたちと、すべてが正反対だった。だいたい、クモというのは嫌われもので、はじめ、スパイダーマンの姿を見た者は、彼のことを悪役だと思ったのではないだろうか。
だが、読んでいくうちに、この内気な少年から青年に変わる過程にある若者の、人間的な魅力にひきつけられてしまうことだろう。

悩みだらけの彼だが、その笑顔はさわやかで、あなたもきっと、この男のことを、そのキャッチフレーズどおり<あなたの友情あふれる隣人>だと思うようになるにちがいない。




***

■感想
ピーターの状況がハッキリと山と谷が繰り返されているのが分かる巻。
登場ヴィランも有名所ばかり。

■一話 前巻で逮捕されたキングピンが釈放され、また悪事を働く。今回は政治家や検事などえらい人を洗脳する作戦。
警察の偉い人であるグエンのパパも洗脳されてしまう。ピーターはグエンのパパが(洗脳により)悪事を働いている写真を撮って新聞にのせることで、キングピンから解放しようとする。

その作戦は成功したが、裏事情を知らないグエンはピーターを恨んだままだ……。

■二話  死んだと思われていたバルチャーが復活!自分をハメた二代目バルチャーに復習すべく空中バトル。(ふたりのバルチャーについてはスパイダーマン:ブルーにて片鱗が見れます)
二代目を成敗したあとの標的はもちろんスパイディだ!

もともと怪我をして不調だったスパイディは、なんとかバルチャーを撃退するも意識を失い、刑務所にいれられてしまうも、なんとか脱獄を果たす。

■三話  ミステリオと戦う話。
戦闘がメインの回でシナリオはあまりすすみませんが、さすが特撮の魔王!トリック満載で面白い。

一話でのグエンの誤解がとけるのもこの回。

■四話  リザードとの戦闘。
リザード(コナーズ博士)は、普段は妻と子を愛する善良な男性だが、ちょいちょいリザードに変身してしまい自我を失って暴れてしまう厄介な人。

今回も例に漏れず自我を失い暴れていますが、彼の正体が良い男であることを知っているスパイディは彼を傷つけずに倒そうと……しているとろにヒューマン・トーチが登場。
良かれと思ってめっちゃリザードに攻撃する笑

事情を説明する暇もないので、スパイディはリザードと戦っているふりをしつつリザードを守りつつトーチとも敵対しないようにうまく帰ってもらおうと頑張る。(カオス)


■個人的見どころ

またオバサンの家を壊すピーター笑

こんなにしょっちゅう家つぶされたらそりゃ貧乏だし心臓弱くなくても倒れるんじゃないかw




漫画・コミックランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
コタロウ
性別:
非公開
自己紹介:
目次ページのみコメントできます。その他用件、お急ぎの場合はツイッターへどうぞ。

Dr・ドゥーム、シンビオート、ケーブル、キャップ、ロケット、デップー、スパイディあたりが特に推しです。アイアンマン、タスクマスター、マグニートー、ナイトクローラーもちょろちょろと追いかけてます。ファントメックスももっと見たい……!

普段は趣味でオリジナルのweb小説と漫画、イラストをかいています。
当ブログはリンクフリーです。

フリーエリア