忍者ブログ

キャプテンヴェノネイジィ

翻訳アメコミ(主にマーベル)のレビュー・感想を置くところ。オタクが奇妙なテンションで推しを語ったりするよ! ていうかそれしかしてない! 絶版モノも扱ってます。ネタバレがめっちゃあるのでお気をつけください。

ハワード・ザ・ダック:アヒルの探偵物語

チップ・ズダースキー (著), ジョー・キノーネス (イラスト)
ハワード・ザ・ダック:アヒルの探偵物語




あらすじ引用




事件はブラック・キャットの調査から始まった。しかし、間もなく宇宙規模の大事件に発展し、彼は超越的存在“コレクター"の手に落ちる。だが、そこには他にも捕えられている者がいた――ロケット・ラクーンである! 果たして、直立歩行する動物たちは、無事に脱出できるのか? さらに、ハワードは老人による相次ぐ犯罪を調査し、魔具をめぐってドクター・ストレンジと共闘し、新しい友人のタラ・タムの秘密を知る――やっぱり、いろんな人と関わることって大切だよね。他にも、あの一大イベント『シークレット・ウォーズ』とも関わりが……あるような、ないような……。




***

■感想

しゃべるアヒルの名(迷?)探偵、今日も災難に巻き込まれる!

70年代に初登場し、権利関係がややこしくなったり、デザインの面でディ○ニーに訴えられたり、実写映画が賛否両論だったりと、現実でも災難続きのハワード、コミックの世界でももちろん(?)災難続きです!w

NYで探偵業を営むハワードのもとに、とある依頼がまいこんで、その依頼を解決する最中にコレクターに連れ去られてしまいます。
というところからはじまり、あれよあれよという間に地球の命運をかけた大事件に!
(わりとマジで、ガチの大事件)

スパイディ、ガーディアンズチームからはじまり、最終的にはソーやFFメンバー、Msマーベルその他大勢のヒーローが集結!
ガントレットを手にしたスクラルから地球を守る!

すぐ「僕のせいだ」と勘違いして落ち込むスパイディや、息抜きに異種族と賭け事に興じるストレンジ、「俺は悪くねえ」が口癖のヒューマントーチなど、どこか気の抜けたヒーロー達の描写に思わず吹き出してしまいますw

ユルさと満足感を兼ね備えた一冊です。面白かった!

漫画・コミックランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
コタロウ
性別:
非公開
自己紹介:
目次ページのみコメントできます。その他用件、お急ぎの場合はツイッターへどうぞ。

Dr・ドゥーム、シンビオート、ケーブル、キャップ、ロケット、デップー、スパイディあたりが特に推しです。アイアンマン、タスクマスター、マグニートー、ナイトクローラーもちょろちょろと追いかけてます。ファントメックスももっと見たい……!

普段は趣味でオリジナルのweb小説と漫画、イラストをかいています。
当ブログはリンクフリーです。

フリーエリア