忍者ブログ

キャプテンヴェノネイジィ

翻訳アメコミ(主にマーベル)のレビュー・感想を置くところ。オタクが奇妙なテンションで推しを語ったりするよ! ていうかそれしかしてない! 絶版モノも扱ってます。ネタバレがめっちゃあるのでお気をつけください。

イモータル・アイアンフィスト

マット・フラクション&エド・ブルベイカー (著), デイビッド・アジャ他 (イラスト)
イモータル・アイアンフィスト



あらすじ引用




『デアデビル』に始まるネットフリックスのドラマシリーズの新たな主人公であり、『ディフェンダーズ』の一角にも選ばれた、ブレイク必至のマーベル・ヒーロー! コミックではルーク・ケイジとの名コンビ“ヒーローズ・フォー・ハイヤー"でも知られている。伝説の都市“崑崙"で格闘技を学んだダニー・ランドは、神龍の力を手に入れ、“気"を操って必殺の拳を放つアイアンフィストになった。しかしアメリカに戻り、大企業を相続した彼を待っていたのは、かつてない苦境と、アイアンフィストの称号にまつわる驚異の歴史だった……!




***

■感想

唸れカンフー……拳銃!?

アイアンフィストことダニエル・ランドに、「自分の会社が買収されそうになる」「気の力が不調になる」という2つの問題がふりかかる序盤のストーリー。

最初は「ダニエルの視点」と「過去のアイアンフィスト」の視点の切り替わりが少し分かりづらく、「ん?? 急に話が飛んだ?」となる部分もありますが、徐々にふたつの視点が近づいていき、1本に集結してからは苦無く読めます。

気の力が不調になった原因は、別の世代のアイアンフィストと力をわけあっていたから、なのですが、その別のアイアンフィストの戦闘スタイルが面白い。
拳銃に気を込めて撃つ!
カンフー物としてそれは有りなの!? みたいな反則感笑

最終的に、そのアイアンフィストは命を落とし、その力をダニエルが受け継ぎパワーアップし、ライバルをボコる、ということで一段落はするのですが、残念ながら1巻完結ではなく、逃げてしまったライバルとの正式な決着はついていない。
続編の発売があるかどうかも未定なので、「俺たちの戦いはこれからだ!」感は否めません。

なんとなくアイアンフィスト(ダニー)というのがどういう存在なのか。というのを把握する感じで楽しむのが良さそうです。

巻末にはマーベルユニバース:シビル・ウォーにも収録されていた「チュージング・サイド」からアイアン・フィストの部分だけ抜粋されています。

■個人的見どころ

カワイイカタカナシャツ。


漫画・コミックランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
コタロウ
性別:
非公開
自己紹介:
目次ページのみコメントできます。その他用件、お急ぎの場合はツイッターへどうぞ。

Dr・ドゥーム、シンビオート、ケーブル、キャップ、ロケット、デップー、スパイディあたりが特に推しです。アイアンマン、タスクマスター、マグニートー、ナイトクローラーもちょろちょろと追いかけてます。ファントメックスももっと見たい……!

普段は趣味でオリジナルのweb小説と漫画、イラストをかいています。
当ブログはリンクフリーです。

フリーエリア