忍者ブログ

キャプテンヴェノネイジィ

翻訳アメコミ(主にマーベル)のレビュー・感想を置くところ。オタクが奇妙なテンションで推しを語ったりするよ! ていうかそれしかしてない! 絶版モノも扱ってます。ネタバレがめっちゃあるのでお気をつけください。

デッドプール:デッドプール VS. セイバートゥース

ジェリー・ダガン (著), マテオ・ロリ他 (イラスト),

デッドプール:デッドプール VS. セイバートゥース



あらすじ引用




デッドプールとセイバートゥース。極秘機関「ウェポンX」出身の2人には浅からぬ因縁がある。というのも、デッドプールは、セイバートゥースによって両親を殺されたと思っているのだ。手段を問わない復讐を始めるデッドプール。その戦いにマグニートが加わり、物語は予想だにしない展開へ。不死身な2人の殺し屋の血で血を洗う闘争に終わりは来るのか?





***

■感想

ウルヴィの残したものの多さよ。

自分の両親を殺したのはセイバートゥースだとずっとおもっていたデップーが、復讐のためセイバートゥースに襲いかかる。

アベンジャーズ&X-MEN:アクシスの影響で善になっていたセイバートゥースは、デップーへの同情もあいまって、「俺がやった」と罪をかぶろうとするも、結局デップーは自分が殺したことを思い出し、復讐をとりやめる。

この時点ではウルヴィは死亡していて(関連:デス・オブ・ウルヴァリン)セイバートゥース他数名がウルヴァリンの名前を継いでいたんだよなあとか、デップーがセイバートゥースを殺す方法でウルヴァリンと賭けをしていた思い出とか、
本人は登場していなくても、ちらほらとウルヴィの片鱗が見えて、彼の残したものって多いよなぁとあらためて思い出しました。

最終的にデップーは過去は忘れて未来を向いて生きることを決めたようですが、不安定な彼のことなので、どう転がるやら? という感じの一冊です。


漫画・コミックランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
コタロウ
性別:
非公開
自己紹介:
目次ページのみコメントできます。その他用件、お急ぎの場合はツイッターへどうぞ。

Dr・ドゥーム、シンビオート、ケーブル、キャップ、ロケット、デップー、スパイディあたりが特に推しです。アイアンマン、タスクマスター、マグニートー、ナイトクローラーもちょろちょろと追いかけてます。ファントメックスももっと見たい……!

普段は趣味でオリジナルのweb小説と漫画、イラストをかいています。
当ブログはリンクフリーです。

フリーエリア