忍者ブログ

キャプテンヴェノネイジィ

翻訳アメコミ(主にマーベル)のレビュー・感想を置くところ。オタクが奇妙なテンションで推しを語ったりするよ! ていうかそれしかしてない! 絶版モノも扱ってます。ネタバレがめっちゃあるのでお気をつけください。

アルティメット・Xメン10,11

X-MEN―アルティメット10



あらすじ引用




Ultimate X-menはマーベルコミックのシリーズタイトルで主役はX-MEN。
1960年代初期から続くマーベルコミックの世界をゼロから作り直し、全く新しいストーリーを始めることで新しい読者を獲得することを狙ったアルティメットシリーズの一つ。
(関連:アルティメット・スパイダーマンアルティメッツ、アルティメットファンタスティック・フォー(マーベルゾンビーズ:デッド・デイズに一部収録)など)




***

■感想

現在、世界はマグナス率いるブラザーフッドVSシールドの対決。Xメンはどちらにもつかず逃亡生活を続けながら、なんとか、マグナスの仲間ではないと証明しようと頑張っています。
一方、捕まっているエグゼビアの元には、同じく捕まってしまったカートがやってくる。

さらに場面は飛んでサベッジランドでは、「任務で死んだ」と思われていたサイクの現状がついにあきらかに。
彼は死んでなかった! 生きていた!

しかし状況は絶望的。
なぜなら、ウルヴィとふたりの任務で彼に裏切られ、崖から落とされて満身創痍。生きてるけど死んでるも同じみたいな状況。



骨折により腕も足も変な方向に曲がり、全身ボロボロで、食べるものも無く、身につけている革製品や、周囲を張っている虫を食べる始末……。

それでも「みんながきっと探しにきてくれる」と信じてがんばっているサイク……。

ウルヴィーのクソ野郎おおおおおおおーーーー!!!!
(こう叫ばなければならない圧を感じた)




X-MEN―アルティメット11



***

■感想

ボロボロのサイクを発見したのはブラザーフッドでした。そこで治療をうけて回復したサイクは、マグナスの元へ出向き戦いを挑みます。
最終的にXメンメンバーもやってきてマグナスを倒し、マグナスは逮捕。
Xメンは良いチームだと世間にみとめられ、これまでより暮らしやすくなり、おおむねめでたしめでたし、でおしまい。
12巻以降は刊行が途絶えてしまったのですが、ちょうどキリの良いところで終わったなーと思いました。

■個人的見どころ

サイクも白ブリ!(このブログは白ブリを応援しています!!)
(関連:白ブリ


漫画・コミックランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
コタロウ
性別:
非公開
自己紹介:
目次ページのみコメントできます。その他用件、お急ぎの場合はツイッターへどうぞ。

Dr・ドゥーム、シンビオート、ケーブル、キャップ、ロケット、デップー、スパイディあたりが特に推しです。アイアンマン、タスクマスター、マグニートー、ナイトクローラーもちょろちょろと追いかけてます。ファントメックスももっと見たい……!

普段は趣味でオリジナルのweb小説と漫画、イラストをかいています。
当ブログはリンクフリーです。

フリーエリア