忍者ブログ

キャプテンヴェノネイジィ

翻訳アメコミ(主にマーベル)のレビュー・感想を置くところ。オタクが奇妙なテンションで推しを語ったりするよ! ていうかそれしかしてない! 絶版モノも扱ってます。ネタバレがめっちゃあるのでお気をつけください。

ウルヴァリン:エネミー・オブ・ステイト

マーク・ミラー (著), ジョン・ロミータ Jr. (イラスト),
ウルヴァリン:エネミー・オブ・ステイト



あらすじ引用




かつての知人から助けを求められ、日本に向かったウルヴァリン。だが、それは悪の組織ハンドが仕掛けた巧妙な罠だった……。1か月後、重傷を負った状態でシールドに保護されたウルヴァリンは、殺戮と破壊を繰り返しながら米国の機密情報を奪い、逃走してしまう。国家を重大な危機に陥らせたウルヴァリンは、さらにファンタスティック・フォーやデアデビルら仲間だったはずのヒーローたちを次々と襲撃していく。ウルヴァリンの身に起きた事件の真相は? そして“合衆国の敵"となった彼の行く手に待つ運命とは!?




***

■感想

誰にも御することができない男、ウルヴァリン。

ヒーリングファクターのおかげでどんな怪我でもだいたい回復し、アダマンチウムの爪でほとんどの物質を切り裂くことができ、必要とあらば殺人をも厭わない戦士。
設定だけでも「めっちゃ強いじゃん」となるウルヴァリンですが、この彼が「敵にまわったら」ものっすごい脅威となるのは当たり前じゃん……!
そんな恐怖を実際に描いた作品。

味方にいると心強い、敵にまわると怖い。
なのですが、僕はそこに「ただし彼はいつ爆発するかわからない爆弾である」と付け加えたい。
今回の後半でウルヴィは洗脳がとけて、またヒーロー側に戻ってきたものの、その後の行動はわりと自由行動。自分のやりたいように動き回ります。
というか、今回に限らず、ウルヴィってわりといつもそんな感じですよなぁ。ウルヴァリン:シビル・ウォーなど顕著。

つまり、味方にいても「思った通りには動いてくれない」。
それは敵に居ても同じで、予測不能ゆえに恐怖だけど、同時に、そこに希望を見出すことができるとも思える。
そんな爆弾のようなウルヴィをじっくり堪能できます。

巻末のワンショットは少し毛色が違って、戦争中のウルヴィの話。
これがなんか、すごい。ウルヴィが一言も声を発しないで物語がすすむのですが、それがめっちゃ雰囲気あって渋い。
無言で圧を放つウルヴィ……。何も言ってないのが怖い。
これ、しゃべってしまうと急にチャチくなりそうだから、無言のアイデアを出したアイズナーは本当にすごいと思う……。



漫画・コミックランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
コタロウ
性別:
非公開
自己紹介:
目次ページのみコメントできます。その他用件、お急ぎの場合はツイッターへどうぞ。

Dr・ドゥーム、シンビオート、ケーブル、キャップ、ロケット、デップー、スパイディあたりが特に推しです。アイアンマン、タスクマスター、マグニートー、ナイトクローラーもちょろちょろと追いかけてます。ファントメックスももっと見たい……!

普段は趣味でオリジナルのweb小説と漫画、イラストをかいています。
当ブログはリンクフリーです。

フリーエリア