忍者ブログ

キャプテンヴェノネイジィ

翻訳アメコミ(主にマーベル)のレビュー・感想を置くところ。オタクが奇妙なテンションで推しを語ったりするよ! ていうかそれしかしてない! 絶版モノも扱ってます。ネタバレがめっちゃあるのでお気をつけください。

X-MEN/スパイダーマン

クリストス・ゲージ (著), マリオ・アルベルティ (イラスト)
X-MEN/スパイダーマン



あらすじ引用




マーベル・コミックスの現在の繁栄を築いた2大キャラクターがコミックでついにクロスオーバー!

まだ新米スーパーヒーローだったX-MENとスパイダーマンが、それぞれのヴィランとの戦いを通じて邂逅する。だがそれはミスター・シニスターが仕掛けた壮大な陰謀の幕開けだった……。“クレーブンズ・ラスト・ハント"“ミュータント・マサカー"そして“クローン・サーガ"……マーベルの歴史を彩る名エピソードを題材に、イタリアの俊英マリオ・アルバーティの華麗なアートが冴え渡る! 両者の初競演となった記念碑的な『X-Men』#35(1967年)も収録。



***

■感想

スパイディとXメンのチームアップ。

これまでの重要なイベントを踏襲しながら、クレイブン、シニスター、クローンを主軸に全てに繋がりをもたせ、スパイディとXメンの共闘を描いた作品。

初代Xメンとスパイディが同年代というのをうまく活用し、若者のたまり場でジーンやMJ、ウォーレンやハリーなどが出会うの、なんか良いですね。このまま普通に友達になって、グループ交流してるところとかも見てみたかったな。
しかしそううまくは行かず、ダンスを楽しむ若者達のなかに、クレイブンが乱入。
いち早くトイレに(着替えのために)駆け込んだスパイディのせいでXメンが着替えられなくて、ジーンの撹乱で周囲をごまかして変身するXメン笑

本編は共闘ストーリーですが、巻末のオマケにはスパイディ VS Xメンも。
蜘蛛型の敵兵器に襲われるバンシーが「スパイダーに気をつけろ」というメッセージを残して行方不明に。

そこへ、たまにはゆっくり休暇を、とバイクでのんびりやってきたピーター!
なんという作為的な偶然!笑

「ぼんやりするうちにこんなところへ……まるで運命に導かれたようだ」




当たり前のように「スパイダー」は「スパイダーマン」のことだと勘違いして遅いかかるXメン。

この展開の強引さがクラシックらしくて良かったですw
これまでのXメンやスパイディのストーリーを知っている人には懐かしくも感じられる一冊です。

漫画・コミックランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
コタロウ
性別:
非公開
自己紹介:
目次ページのみコメントできます。その他用件、お急ぎの場合はツイッターへどうぞ。

Dr・ドゥーム、シンビオート、ケーブル、キャップ、ロケット、デップー、スパイディあたりが特に推しです。アイアンマン、タスクマスター、マグニートー、ナイトクローラーもちょろちょろと追いかけてます。ファントメックスももっと見たい……!

普段は趣味でオリジナルのweb小説と漫画、イラストをかいています。
当ブログはリンクフリーです。

フリーエリア