忍者ブログ

キャプテンヴェノネイジィ

翻訳アメコミ(主にマーベル)のレビュー・感想を置くところ。オタクが奇妙なテンションで推しを語ったりするよ! ていうかそれしかしてない! 絶版モノも扱ってます。ネタバレがめっちゃあるのでお気をつけください。

ロケット・ラクーン&グルート

ビル・マントロ (著), ダン・アブネット (著), アンディ・ラニング (著), スタン・リー (著), ラリー・リーバー (著), キース・グリフィン (イラスト), サル・ビュッセマ (イラスト), & 3 その他
ロケット・ラクーン&グルート



あらすじ引用




モフモフにしてやんよ!

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で話題の宇宙アライグマ、ロケット・ラクーンが大活躍!
ロケット・ラクーンの全てを詰め込んだ豪華オムニバス登場!

まさかの映画化で一躍、トップスターの仲間入りを果たした宇宙アライグマのロケット・ラクーンと、20世紀中にはわずか3回しか誌面に登場していない樹木人間グルート!

アトラスコミックス時代のグルート初登場作から、幻のロケットデビュー作、実質的な初登場エピソードであるハルクとの競演作、
若き日のマイク・ミニョーラの出世作でもあるロケット主演のミニシリーズ、さらには、実に25年ぶりとなるその後日談と、
今、話題の二大ヒーローの登場からわりと最近までをまるっと収めた注目の一冊が登場!



ロケット&グルートの初期のエピソードオムニバス



***

■感想

グルートが……「私はグルート」以外の言葉を喋っている……!!(しかもわりと語彙が豊富で饒舌である)笑

ロケット&グルート、というかほぼほぼロケットの本。仕方ないですね、グルートそんなにコミックに出てなかったみたいなんで。
それにしても、初登場時のグルートがまるで別キャラすぎて吹くwwwww
自分のこと「木々の王」と言って街を侵略しにきてるwww

ロケット関連のエピソードは、世界観は独特ながら、キャラクターは「ああ、ロケットだな~」て感じ。彼って映画でもコミックでもとても情に熱くて仲間想いな一面を見せてくれるわけですが、その感じは昔から健在だったんだなあっと。

仲間のセイウチやヴィランのモグラなど動物がいっぱい出てきて可愛い~! んですが、シナリオはシリアス。
ロケットの出身の星って人間の精神病患者を閉じ込めていた星だったとか、ロケットはその星の封印のために故郷に戻れなくなったとか重い設定が……w
一冊にロケットの冒険の軌跡がたくさん詰まっているのですが、その前半部分が全て植え付けられた虚偽の記憶だった、とネタバラシされた後半は「マジかよ……」と震えました。

ロケット可愛い勢は手に入れても損は無い一冊です。

■個人的見どころ

今とはだいぶ違う姿のグルート



これもまだ違う





漫画・コミックランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
コタロウ
性別:
非公開
自己紹介:
目次ページのみコメントできます。その他用件、お急ぎの場合はツイッターへどうぞ。

Dr・ドゥーム、シンビオート、ケーブル、キャップ、ロケット、デップー、スパイディあたりが特に推しです。アイアンマン、タスクマスター、マグニートー、ナイトクローラーもちょろちょろと追いかけてます。ファントメックスももっと見たい……!

普段は趣味でオリジナルのweb小説と漫画、イラストをかいています。
当ブログはリンクフリーです。

フリーエリア